イロトリドリな日々。

自分らしく咲く。学びのシェアと日々の記録。

わたしの相棒

 

松果体にクリスタルが形成されました。

 

これにより、

クリスタルを使ったヒーリングが出来るようになりました。

528Hzの宇宙波動と繋がりましたので、

この周波数の音叉ヒーリングが効果的に行えます。

 

クリスタル。音叉。

わたしの大切な相棒になりそうです。

 夜な夜なチーンと鳴らしています(笑)

 

f:id:irotoridorinahibi:20171015153626j:plain

 

528Hzの効果効能

☆願い事を叶える

☆奇蹟を引き寄せる

☆DNAを修復する、免疫力を高める

☆良い人脈、人間関係をもたらす

☆スピリチュアルな能力を高める

☆今まで使ったお金が喜んで還って来る

 

 

広告を非表示にする

2種類の魂

 

突然ですが。

 

わたし達人間の魂には2種類あり、

地球人の魂と、宇宙人の魂があるらしいのです。

 

宇宙人は、宇宙人だから(笑)、

地球の堅苦しい習慣には馴染めないそうです。

 

宇宙人の特徴をざっと挙げると

 

・会社勤め、まず無理!

・楽しいか、楽しくないか

・何事も居心地の良さ重視

・言葉にしなくても感じる

・とにかく自由

 

こんな感じです。

あ、わたしのコトです(笑)

 

 

だから、地球人からは理解されにくいです。

理解してもらおう、理解し合おうというのは、

残念ながら無理なようです。

 

その代わり、お互いに学び合う。

地球人は、宇宙人を見て、その自由さや、愉しむというコトを学ぶ。

宇宙人は、地球人を見て、地に足を着けて生きるというコトを学ぶ。

 

 

宇宙人は孤独です。

だってココは本当の故郷ではないのですから。

ふとした時に、自分の星に還りたくなってしまうんですね(笑)

 

とは言え、今回の人生は地球人として生きようとして、

この星に生まれている訳ですので、

地球人から学ぶべきところは学び、

魂の修行を続けていくということなのでしょう。

 

 

こんなブログを書くようになるなんて。

1年前の自分からは想像もつかないコトです。

スピリチュアルとか、そういうの嫌っていましたから(笑)

 

自分でもびっくりだけど、

わたしの道は、多分こっちで合っています。

 

 

 

 

広告を非表示にする

ダイアナ妃のこと

 

わたしは普段、ほとんどテレビを観ないのですが、

今朝たまたま観た朝の情報番組の一コマで、

没後20年のダイアナ妃の特集が放送されていました。

家事の手を止め、しばらく見入ってしまいました。

 

ダイアナ妃。

彼女が事故で亡くなったのが、1997年のこと。

わたしは当時12歳。

大きなニュースだったということは記憶しています。

でも、彼女がどんな女性で、どう生きたのかということは、

子どものわたしには全く解らなかったし、

そもそも興味もありませんでした。

 

時が経っても、ダイアナ人気は衰えることは無く、

むしろ、今また注目されているようです。

わたしも、彼女に心惹かれる一人です。

 

「人々のプリンセス」と呼ばれ、

36年という短い人生の中で、

イギリス皇太子妃として、女性として、

そして母として強く生きたことでも知られています。

摂食障害を患っていたのも有名な話。

 

ホメオパシーやフラワーエッセンスを愛用し、

また占星術や霊的な事に興味があったという話もあります。

個人的に、この辺りはとても興味深いことですが、

話がずれるのでまた今度・・・。

 

 

彼女のこんな言葉があります。

 

私はルールに従うのではなく、心に従って行動しています。

それゆえに問題が生じることもありますが、

それは仕方のないことです。

でも誰かがそこに行き、人々に愛を伝えるのは大切なこと。

 

霊性が非常に高い人だったのでしょう。

心が真っ直ぐで綺麗な人だったのでしょう。

「愛」の人だったのでしょうね。

それ故の、葛藤や苦悩、生き辛さ。

笑顔の裏に隠された、抱えきれないほどの悲しみ。

それでも、自分の心に正直に生きた、

強くて美しい人。

 

彼女の人間性を知る程に、惹かれます。

そして、勇気付けられます。

 

自分の中で、今、ダイアナフィーバーがキテます!

 

広告を非表示にする

運動会、行きたくないから休みました

 

昨日は、娘の保育園の運動会でした。

でも、行きたくないから親子で休みました。

ダメですか(・o・)???

 

 

 

娘は張り切って練習していたみたいで、

よく家でもその様子を見せてくれたりしていました。

「おかあさん、みにきてもいいよ」

なーんて言っちゃって。

わたしも観に行くのを楽しみにしていました。

 

でも。

娘は、当日の朝になり、「いかない」と。

何度聞いても、「いかない」と。

 

具合が悪い訳でも無いのに、どうしてだろう。

アレコレ考えましたが、理由は判らず。

 

でも、よくよく考えてみたら、

行かない、行きたくない、というのは、

娘を通して、

わたし自身の心の声だったことに気が付きました。

 

パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、

大勢の家族連れで賑わうところへ、行きたくなかった。

わたし一人で行くことには、

自分では何の抵抗も無かったはずなのに、

本当は、すごく嫌だったのだということに気が付きました。

娘はそれを見事に敏感に感じ取っていたのでした。

 

このように、

わたしは娘を通して、

自分の本当の気持ちに気付くということが多々あります。

わたし達母娘は、良くも悪くも一心同体。

 

何度も確認しました。

本当に行かなくていいの?

みんなと駆けっこしなくていいの?

みんなと玉入れしなくていいの?

みんなとダンスしなくていいの?

 

娘はただ、「うん」と。

本当に行く気が無いのだと思いました。

 

じゃあ今日は行かないよ。

お母さんも行かないよ。

お母さんと〇〇ちゃんでおうちで一緒にいる?

 

そう聞けば、ニコニコと、「うん!」と。

わたしはこの彼女の選択を尊重しようと思いました。

彼女と、わたしが、

二人で心地よく過ごすことを第一としました。

 

行きたくないから行かないとか、休むとか、

世間一般的にはダメと言われてしまいます。

実際、保育園に欠席の連絡をしたら、

「え!?」という様な反応でした。

わたしの両親も同じく。

ずる休みじゃないか、と、叱られこそしませんでしたが、

困ったヤツだ。と思われたに違いありません。

 

でも。

彼女にとって、今、何が一番大事なのでしょうか。

周りに合わせて、運動会に参加すること?

行きたくないけど、我慢して保育園に行くこと?

 

わたしはそうは思わないから。

彼女が求めていることは、わたしが一番よく解っています。

これでも一応母親ですから。感じます。解ります。

だから、他人にあーだこーだ言われたくない。

言われても気にしない。

 

自分は何をしたくて、何をしたくないのか。

どうしたいのか。どう在りたいのか。

周りの意見や同調圧力

「普通」と言われるものに流されるのではなく、

自分で考えて決める。

自分で行動する。

そして自分で責任を取る。

 

彼女にはそういう子に育って欲しいし、

わたし自身、そう在りたいと思っています。

 

抱きしめるだけでは守れない

 

facebookを見ていたら、ハッとする言葉がありました。

 

「抱きしめるだけでは守れない」

 

我が子を抱きしめること。

大切な人を抱きしめること。

精一杯の愛を注ぐこと。

祈ること。 

「想い」のエネルギーは強いです。

 

でも、やっぱり、

それだけでは届かない。間に合わない。

 

わたし達は三次元という制約の中で生きています。

そして、「行動」するための肉体を持っている。

地球は「行動」の星。

「行動」してこそ、変容していける。加速していける。

 

「行動」しよう。

「行動」を起こそう。

 

「想い」を「行動」で表す。伝える。

 

今こそ、その時なんじゃないか?と思います。

 

10月、いよいよ選挙がやって来ます。

わたし達の「想い」を

「投票」という「行動」で表し、伝える時。

 

選挙のこと、政治のこと、

よくわからなかったら、詳しい人に聞けばいい。

ネットで調べてみればいい。

信頼する人から情報をもらえばいい。

ざっくばらんに家族や友達と話し合ってみたらいい。

手段は何だっていい。

 

大事なことは、とにかく、

関心を持つこと。

自分事として捉えること。

自分で考えること。

 

無関心ではいられても、無関係ではいられないのです。

国会で、憲法改正して戦争にGOサイン出してしまえば、

わたし達はもう、逃れられません。

 

今度の選挙で自民党が勝ったら、

いよいよ戦争へ向けて改憲していくというのです。

今、その動きが加速しているというのです。

 

そんなコトないでしょ?って思うかも知れないけど、

そんなコト、あるんです。

自分で調べてみれば判るコトです。調べましょう。

 

わたし達が平和ボケしている間に、

着々と準備は進んでいるというのです。

後になって「知らなかった」では済まされない。

 

戦争になったら、戦場に行くのは誰?

 

わたしは、自分の子ども、そして大切な人達を守りたい。

戦争は絶対に嫌だから。

平和を愛しているから。

 

「祈り」や「想い」は大切。

でもそれだけでは届かないから。間に合わないから。

だからわたしは、

自分の「想い」を「行動」で表し、伝えていきたい。

変容のエネルギーを加速させていきたい。

 

殆ど子どものこと放ったらかしてる様なわたしですが、

母として、この姿勢だけは、

我が子にしっかりと見せていきたいです。

 

 

内観のススメ

 

この所、自分の中に嵐が起こっていて、

大切な人達も巻き込んで迷惑を掛けてしまいました。

これじゃダメだ(-_-)・・・と思い、

自己内観してみました。

 

結果、嵐は過ぎ去り落ち着きました。

内観、良いです☆

 

 

 

内観とは、

文字通り「内」を「観る」ということなのですが、

具体的には、ある特定の人や物事に対して、

 

・してもらった事

・して返した事

・迷惑を掛けた事

 

この3点についてのみ、

我が身を振り返っていくのです。

 

すると様々な気付きがあります。

それにより、自分の在り方を見つめ直す。

簡単に言えば、そんな感じです。

 

 

 

が、しかし・・・。

 

・してもらった事

・して返した事

・迷惑を掛けた事

 

こうやって考えていけば、

当然相手に対して感謝せざるを得ないし、

自分を反省することになるに決まってるじゃん!

要はそういうコトなんでしょ!?

フンッ( `ー´)ノ

 

って思いませんか?

わたしは最初、そう思ってナナメに構えていました(笑)

 

実際やってみると、確かにそういうコトなんです(笑)

結果的には自己反省に行き着きます。

 

でも、そこに至るまでの過程で、

自分について深く見つめることになり、

あ~!!!こういうことだったのか~!!!と、

目が覚めるような気付きがあったり、

見過ごしていた別の問題が浮上してきたり。

 

単純な様で複雑。そして深い。

 

 

 

人のせいにしたり、何かのせいにしたり、

そうやって原因を「外」に求めている限り、

解決しない。

 

今起こっている問題は、

全て自分が作り出した結果。

全ては自分の「内」に在る。

 

不平不満を並べていた状況も、

実は愛と感謝に溢れているのだと気付くのです。

 

瞑想とはまた違うけど、

内観も良いと思います。

 

内観で反省しても、

ついまたやらかしちゃうんですけどね(^^;)

まぁ人間ですから・・・。

 

 

春先に、奈良で体験した1週間の集中内観。

それに関しての記事はコチラ↓↓↓

irotoridorinahibi.hatenablog.com

 

集中内観。とても良い経験でした。

また人生の節目やどこかのタイミングで

行きたいなと思います。

 

そして、今回のように、

心乱れたら内観して己を振り返ること。

実践していきたいと思います。

 

 

 

 

広告を非表示にする

秋分の日を越えて

 

秋分の日のエネルギーの切り替わりは凄かった。

何だろう、この大きな変化は。

わたしの中にも大きな変化が起こっている。

 

そんなときは決まって、

娘はダイレクトに影響を受ける。

鼻水、咳、発熱といった

風邪様の症状を出し、

べったりと甘え、

不安気にわたしにしがみついて離れない。

 

彼女を通して、わたしは自分を知ることがあります。

今がまさにそれ。

 

自分の中に嵐が吹き荒れている。

娘はそれを敏感に感じ取り、

吹き飛ばされないようにしがみついている。

わたしが何処かへ行ってしまわないように。

しっかりと着地せよと。

 

もうすぐ、この嵐も過ぎ去る。

嵐の後は清々しい青空が拡がっているはず。

 

広告を非表示にする