イロトリドリな日々。

自分らしく咲く。学びのシェアと日々の記録。

気付いて、手放す。

 

わたしは昔から、

プライドが高くて、高慢で、ツンとしたところがあって。

完璧主義で、隙がなく、固くて、冷たい印象。

気位の高いお姫様みたいな。

超~面倒臭いタイプですね(笑)

近寄り難い、取っ付き難い、そんな人間でした。

 

そういう部分は、ここ1~2年のイロイロで、

大分和らいだと思っていたけど、

やっぱりまだまだありました。

無意識に、日々の言動や態度の中に、滲み出てしまっていました。

 

それを指摘してくれる友達がいました。

わたしを想っての、アドバイス

こういうのが、「本物」の関係だなぁと、

心底有難かったです。

 

でも、自分の認めたくない部分を突き付けられるのって、

やっぱりキビシイ(>_<)

 

 

 

 

 

自分でも思っていました。

わたしって、なんでこんななんだろうと。

みんなと仲良くしたいし、打ち解けたいのに、

無意識に、見えない壁を作ってしまう・・・。

 

 

 

よーく考えてみると、見えてきました。

 

子どもの頃から、何かと我慢しながら育ってきました。

我慢は苦しくて辛い。

 

どうしてわたしだけ・・・

どうしてうちだけ・・・

みんな〇〇なのに・・・

 

人と比べてしまって、ものすごい劣等感でした。

その苦痛から逃れるために、

子どものわたしが身に付けた方法が、

自分を特別な存在だと思い込むことでした。

 

我慢しているわたしは偉い。すごい。

我慢できるわたしは特別な存在。人とは違う。

 

逆に言えば、人を下に見るような歪んだ考え方。

そんな風に考えることで、

劣等感を優越感に変え、

ストレスをコントロールしていました。

 

こういう考え方が染み付いてしまっていて、

それがコミュニケーションの問題になっていました。

 

今思えば、そもそも、我慢なんてする必要もなかったのですが、

子どもの頃のわたしは、親に迷惑を掛けたくないと思っていて、

変に大人ぶって、聞き分けの良い子を演じていたように思います。

 

そうやって、子ども時代に子どもらしくできなかったためか、

大人になった今、

出生のホロスコープの、双子座の月がスパークして大変です(笑)

 

 

 

 

 

話を元に戻しまして。

そうやって、かなり歪みながらも、自尊心を高く保つことで、

イロイロと乗り越えてこられたのは事実です。

自分で自分を奮い立たせてきました。

 

でも、もうそろそろ、

そういう自分を手放す時なのかも。

 

もっと素直に、正直に、飾らずに、力まずに、柔軟に、シンプルに。

ガチガチに固めた武装を解いて、本来の自分に帰っていきたい。

 

フラワーレメディが、

その助けになってくれていると感じています。

 

 

 

これまでのわたしの態度や言動で、

人を傷付けてしまったり、嫌な思いをさせてしまったり、

失礼なことが、きっとたくさんあったと思います。

みなさん、ごめんなさい(;_;)

 

f:id:irotoridorinahibi:20170512162041j:plain

 

お読みいただきありがとうございました。